Wander and Wonder – Mixed Realityを用いた仕掛け絵本とコミュニケーションの可能性 –

Wander and Wonder – Mixed Realityを用いた仕掛け絵本とコミュニケーションの可能性 -, 小松原崚, 小木曽友梨, 中川隆

本作では,複合現実(Mixed Reality; MR)用マーカーが配置された仕掛け絵本と,その絵本を用いた新たなコミュニケーションの可能性を提案する.提案システムは2冊の仕掛け絵本とWi-Fiに接続された2台のHoloLensを使用して2名で体験するものである.2名の体験者がそれぞれMRデバイスを装着し,MR仕掛け絵本を体験する.絵本の紙面や仕掛けがマーカーとして機能し,そこにバーチャル・オブジェクトが出現する仕様となっている.MR仕掛け絵本は1冊でも機能するが,それぞれの絵本同士が相互作用するように設計した.この相互作用による体験者間のコミュニケーションの促進を意図している.

PAGE TOP